なるほど!リサイクルショップと古着屋の売却時の使い分け

ブランド服の買取の場合には?

服は最も流行の流れが出やすい商品ですね。ブランド品の場合には高価なのにすぐに着られなくなってしまうデザインも少なくありません。また、定番デザインであっても、飽きてしまうということは良くあるものです。
そこで、着なくなってしまったブランド服は古着屋に買い取ってもらいましょう。ところで、リサイクルショップもあるのに古着屋にあえて売るには意味があるんです。
古着屋の場合には、取り扱っているブランドをオーナーの好みやその店舗の方針である程度決めている所も多く、ブランドの歴史から年代毎に出されたシリーズなど知識が豊富でこだわりがあります。その為、中古のブランド服をヴィンテージとして正当な価格をつけてくれる所が多いのです。

ブランドではない場合または使用感のある服はこちらへ

では、ブランド服ではない場合にはどうしたらいいでしょうか?それはリサイクルショップの方が無駄無く処分出来ます。
リサイクルショップは、どちらかというと「中古」という括りでまとめてしまうことが多く、人気のブランド服でも古着屋と比較するとかなり査定は下がってしまうことがあります。
しかし、ブランド以外の服でも買い取ってくれるメリットがあるんです。また、使用感がある服の場合でも、値段がつかないながら引取ってくれる所が多く、処分に困った時にも非常に助かります。これはリサイクルという職種の為、服ではなく布地として買い取ってくれる業者などの繋がりがあるから可能になっているんですね。ブランド以外の服の処分に困ったらリサイクルショップを上手に利用しましょう。